英語面接の対策方法とは!?

外資系企業の英語面接の対策を立てるには

外資系企業の新卒採用や中途採用の試験の際に実施される英語面接は、多くの受験者にとって苦手とする試験の一つとして知られています。
特に、外国人と会話をする機会が少ない人にとっては、対策が難しいことがありますが、学校や仕事帰りなどの時間を利用して英会話教室に通ったり、オンライン教材を使った学習に取り組んだりすることがオススメです。
また、英語面接が行われる回数は、外資系企業の職種によりますが、よく聞かれる質問事項などを把握するうえで、より多くの受験者の体験談に目を通しておくと良いでしょう。
なお、外資系企業の英語面接で自身の魅力をアピールするために、ビジネスに役立つフレーズや表現の仕方などにこだわることも大事です。

高い英語力を求められる外資系企業の特徴

外資系企業においては、世界中の顧客や取引先とのビジネスを行うことが多いため、一人ひとりのスタッフに高い英語力が求められる傾向が見られます。
そのため、外資系企業を転職先に選びたい場合には、お目当ての企業で期待されている英語力について、早いうちか確認を取ることがおすすめです。
また、大手の外資系企業の中には、採用試験の際に英語でのエントリーシートの作成を課題としているところもあり、内定率を高めるうえで、ビジネス英語の基本的な事項をマスターすることが肝心です。
その他、新卒者を対象とした英語の研修が行われる外資系企業も増えており、若者の間では働きながら語学力の向上を目指せるところに人気が集まっています。

© Copyright Career Diagnosis. All Rights Reserved.