外資系って英語面接があるの?

英語面接の有無は、企業の形態によって異なる!

就職や転職で外資系企業の面接を受ける時、英語の面接があるかどうかは重要なポイントです。英語がペラペラの人であれば全く問題ないかもしれませんが、英語が苦手な人にとっては死活問題になり兼ねません。このため面接が日本語で行われるのか、それとも英語で行われるのかは、事前にしっかり確認しておく必要があります。
実際に英語で面接が行われるかどうかは、企業の形態によって異なっています。例えば外資系企業でも、日本に大きな支社があり、社員とお客様がほとんど日本人の場合。英語が話せなくても仕事ができます。このような場合は、面接も日本語で行われる可能性が高いです。一方、一緒に働く社員やお客様が英語圏の人達である場合は、英語能力が必要になります。したがって、英語でも面接が行われるケースが多いです。

外資系企業を選ぶ時のポイント

外資系企業へ転職する時は英語を使うかどうかも大切ですが、それ以外にも確認しておきたいポイントがあります。まずは条件や待遇面です。一般的に外資系は給料が高いイメージがあるものの、実力によって給料に差が出るケースが多いです。このため基本給や報酬の有無など、中身をしっかりチェックしておかなければなりません。
また、出世が見込めるポストで入職できるかどうかも大切なポイントです。職種や部署によっては出世できる可能性が低く、ずっと平社員のままで、昇給すら見込めないケースもあります。このため、将来的に出世が可能かどうかも確認しておきましょう。その他、会社の社風や雰囲気、社会的な評判も参考になります。細かい部分までしっかりチェックして、ベストな外資系企業に転職しましょう。

© Copyright Career Diagnosis. All Rights Reserved.